アプリ

黒い砂漠モバイル 序盤で知っておきたい7つの便利な機能と知識

最近ハマった「黒い砂漠モバイル」。TVCMもやってるので、ユーザー数は結構いそうですね。
このゲームは最初からある程度のユーザー希望をかなりクリアしていて凄いと思いました。

黒い砂漠モバイル 特徴

自動戦闘


まず「自動戦闘」が秀逸。自動戦闘は搭載してるソーシャルゲームは多々ありますが、黒い砂漠モバイルでは、自動戦闘して放置すると「節電モード」に自動で切り替わりバッテリー消費を抑えてくれます。(任意で節電モードも可)
また、ある程度進めると使える「闇の精霊モード(闇の精霊LV40)」ではバックグラウンド(時間制限アリ※3時間~)で自動戦闘が行えます。
自動戦闘と言いましたが、この自動行動は選べることができ「戦闘」「採取」「釣り」が可能です。

取引所


次に「取引所」があること。これがあることで、無課金ユーザーにもレア装備獲得のチャンスが生まれます。
取引所には、装備はもちろん、課金アイテムもあります。取引にはゲーム内通貨「シルバー」が必要ですが、「シルバー」を貯めれば課金せずとも課金アイテムやレア装備などが手に入ります。
実際に私も「採取」などで素材を集め「取引所」で販売。それで得た「シルバー」で装備を買い集めました。

レアドロップ


そしてレアドロップ。レア装備は結構高額で取引されているので、なかなか「シルバー(ゲーム内通貨)」を貯められないです。そこで狙うのは、レアドロップ。運ですねぇ、討伐や遺跡、ギルド召喚、無料ガチャ(コイン消費)、通常の敵からも!?など獲得契機は多数用意されています。レアドロップの確率はたぶん1%も満たない超低確率だと思われますが、それでもドロップするというのが良いですよね。

ギルド


ギルドに入る利点は、今のところ少ない(リリース間もない為)ですが、色々用意されてます。現時点では、召喚による討伐ですね。みんなで参加できるので、かなり面白いです。昨日中級をやりましたが、討伐には時間の制限があり1時間でした。この時間内に召喚されたモンスターを倒します。
中級で平均戦力1600の15人ぐらいで行ったら10分もかかりませんでした。今度上級行ってみます。

序盤で覚えておきたい便利な機能

メインクエストをやってればサクサク進んでいき、途中途中でチュートリアルが出てくるんですが結構読み飛ばしてしまいます。
結構重要なシステムを説明してるんですが、まぁ忘れますよね。そこで、後になって知った便利な機能をいくつかご紹介します。ちゃんとやってればチュートリアルがあるので知っていることもあると思いますが。

① 馬に荷物を持たせることが可能。


私は40レベルぐらいまで知りませんでしたが、馬に荷物を持たせることが可能です。

バッグがいっぱい(重量オーバー)になるとどうなるか

バッグに荷物がたまっていくと割合に応じてペナルティが発生します。画面中央下に重りのアイコンが出てきたら注意しましょう。90%まではペナルティーはありませんが、100%を超えるとペナルティーが発生します。なお100%を超えてもアイテムは獲得可能です※制限アリ台湾版だと300%まで

100%=20% ダメージ量ダウン
105%=25% ダメージ量ダウン
110%=30% ダメージ量ダウン
115%=35% ダメージ量ダウン
120%=40% ダメージ量ダウン
と、増えていく。

そして200%を超えると、「防御力」もダウンします。

こうなると次第に敵を倒しにくくなり、防御力もほぼ無くなるのでポーション使い果たし死亡という事になります。夜放置して朝死亡してる場合は、敵の難度を下げるか、バッグの容量を増やすことをおすすめします。
なので、普段使わないようなアイテムは馬に持たせましょう。また、ポーションも買いためてもってると結構荷物がパンパンになるので、自動戦闘させるときは適量持たせておくのが良いです。バッグ一杯になってポーション使いきったら勿体ないので。

② 魚は倉庫へ

釣りをして得た魚たちは領地の倉庫に送ることが可能です。これも乱獲した場合は倉庫におくって食料にしてしまいましょう。

③ ターゲットロック時にカメラワークを追尾させる。


これはBOSS戦や闘技場では重宝します。通常戦闘ではあまり使わないです。ターゲットロックは分かりますよね?これでロックすると最初にそっちをカメラが向きますが、回避やグルグル逃げてたりすると敵(相手)を見失うことがあります。左手でプレイヤー操作しながら右手でカメラ操作すれば良いですが、まぁムズイ。そういう時は、設定からカメラをターゲットに追尾させることが可能です。
追尾させれば、相手の動きが見やすいので、攻撃も回避もかなりやりやすくなります。

④ 知識を集める


街や村には様々な知識があります。人に話すことで得られる知識やモノ、建物やモンスターなど。クエスト進行だけだと取りこぼしていく知識は、全部集めるのが必要だと思いますので、村などに着いたら手動で探し回った方が良いです。なお、リストをみて本のマークがある人は知識を持っています、ただこのリストにはない知識も多くあります。

⑤ ペットは必要か!?


ペットは最大3匹まで連れ出していけます。それぞれスキル効果などありますが、利点は宝箱を自動回収してくれることです。
1匹だと拾い損ね?も出ますが、3匹いるとかなり集めてくれます。ペットを手に入れるには、課金通貨のパールが必要ですが、取引所でも売られてることがあります。今の値段は「200万」シルバーですね、これに関しては装備とは異なり固定なのかもしれません。
無課金で序盤に200万シルバーを集めるのは苦しいですが、採集素材やレアドロップ品を取引所等で売っていけば数日で貯められるでしょう。
ぜひ3匹連れて旅をしたほうが良いです。

⑥ 野生馬の捕獲

野生馬捕獲のチュートリアルは最初の村にあります。私はこれを飛ばしてましたので、知らない人は最初の村に行きましょう。
野生馬は生息地域のみにいます。左上マップ上で馬の蹄鉄マークがあるとこに「ランダム」で出現します。
野生馬を発見したら縄アイコンが出てきます。ただ馬に近すぎたとこで縄を投げるとその時点で逃げられることがあります。
ちょっと離れたとこから縄を投げ、馬に近づくと「砂糖」「捕獲」のアイコンがでます、馬が暴れたら近づかずに止まると良いかも。砂糖があればあげると楽です。その後捕獲アイコンを押すと捕獲のミニゲームになります。ミニゲームは慣れですが、スティックを押しっぱなしにしてると上下の加減がむずかしく失敗することがありました。ポイントはちょんちょんと細かく動かす感じですかね。

⑦ 闇の精霊の力


BOSS戦になると使いたいのが「闇の精霊」の力です。これもチュートリアルがあったのか定かではないですが、気づいたらスキルコマンドの上に小さな菱形🔶が光ってるのに気づきました。これをタップすると青と赤のアイコンが2つ表示されます。
青をタップすると、「闇の精霊」LVに応じた攻撃力と防御力が一定時間プラスされます。次に赤アイコンをタップすると、必殺技がでます。
どちらも発動後はクールタイムがそれぞれあります。
BOSS戦やピンチの時に発動しながら戦いを有利にしていきましょう。

 

lifezakk

lifezakk

投稿者の記事一覧

フリーランスのWEBデザイナー。日々WEB制作で気になるHtml CSS Photoshop illustrator アプリの備忘録をつけてます。#OVERHIT や #ホウチ帝国 にハマってます★

関連記事

  1. 放置少女 序盤攻略!最初に知っておくべき5つのポイント。シリアル…
  2. エヴァ貞本氏がキャラデザの大型新作「Black rose sus…
  3. 城ドラ 今アシュラが優秀!おすすめする3つの理由!
  4. 城ドラ 出るか300枚!まぼろしの秘境の地図を3連で探検させた結…
  5. 城ドラ 廃墟ステージのカタパルト対策は必須!?
  6. 城ドラ 剣士お着換えコンテスト イラストサイトがオープン!
  7. 城ドラ 遂に城お着替え機能実装だ!
  8. OVERHIT(オーバーヒット) 毎日10時間ぐらいプレイしてみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カメラを持って瞬間を狙ったPhoto retouch。

投稿コメントカメラを持って瞬間を狙った。lifezakk Instagram…

背景のぼかし系レタッチ – from Instagram

投稿コメント背景のぼかし系レタッチlifezakk Instagram…

光のぼかしレタッチ。

投稿コメント光のぼかしレタッチ。lifezakk Instagramぼかしレンズ…

合成する時のトーン調整レタッチ

投稿コメント合成する時のトーン調整レタッチlifezakk Instagram背景と…

Pixar風レタッチ。 – from Instagram

投稿コメントPixar風レタッチ。lifezakk Instagram…

人気記事

  1. 黒い砂漠モバイル 序盤で知っておきたい7つの便利な機能と知識
  2. 海の写真を撮って、海中をレタッチ。 – from Instagram
  3. 黒騎士と白の魔王 新獄級ディアブロを攻略 攻撃パターンを覚えよう
  4. 城ドラ ゴーストフル装備は安定して使える強キャラ
  5. スポーツ系のレタッチをし、VOUNで仕上げてみた。 – from Instagram

アプリ記事一覧

インスタグラム

記事について

当サイトでは、アプリゲームの攻略記事や新着アプリ情報を主に記事にしております。 なお、サイト上に掲載されているゲームやサービスの著作権やその他知的財産権はそれぞれ運営・配信しているゲーム会社・運営会社に帰属します。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
PAGE TOP