Python

Pythonで作成したボットの実行結果をLINEに通知させる備忘録。LINEスタンプも送れる。

最近bitflyer や bitmexの取引にbotを使うのが流行っていますね。ワタシも勉強がてら何個か購入してはソースを解析しつつカスタムして使っています。ただしあまり稼げてません。
今回はpythonでボットを動かして、実行結果をLINEに通知させる備忘録です。これを設定しておけば、外出中でも利確通知やエラー通知などのメッセージがスマホで受け取れて結構便利。
pythonを勉強してまだ1ヵ月もしてないワタシでも出来たのでそれほど簡単です。ただし初心者なので間違ってたらごめんなさい。

LINEに通知させるのは結構かんたんで、公式サイトからトークンを発行し現在使っているpythonコードに追加し、任意のメッセージを指定するだけです。

LINE公式サイトからアクセストークンを取得

公式サイト https://notify-bot.line.me/ja/ にアクセスして使用しているLINEアカウントにログインする。
ログイン後、右上のマイページに移動。下部にトークン発行ボタンがあるのでクリックする。

発行ボタンを押した遷移先では、トークン名の記入と通知先を指定します。

通知先のトークルームは、スマホのLINEアプリ上で作成します。トークルームを作ってそこに通知させるのも良いし、気にしなければ1:1でLINE Notifyから通知を受け取るにすれば、OKです。トークルームを選択した場合は、そのトークルームにLINE Notifyさんを招待追加してください。

なおトークンを発行したら忘れないようにメモ帳などに保管してください、トークンはこの時しか表示されません。

お手持ちのボットにLINE通知をさせる。

ボット本体は、ご自身で用意してください。そのボットに下記コードをそれぞれ任意箇所に追加します。

import requests

def LineNotify(message):
    line_notify_token = "トークンを入力"
    line_notify_api = "https://notify-api.line.me/api/notify"

    payload = {"message":message}
    headers = {"Authorization":"Bearer " + line_notify_token}
    requests.post(line_notify_api, data = payload, headers = headers)

message = 'メッセージ本文'
LineNotify(message)

まず、import requestsを冒頭に追加します。
続いてdef 文を用いて関数(function)を定義します。この部分には先程のトークンを追記します。
そして、
message = ‘メッセージ本文’
LineNotify(message)
は、ボット本体が実行結果を出力している箇所の下にそれぞれ追加します。大抵は、if文でエントリーした時や利確した時などをprint()で出力してますので、その内容をコピーし’メッセージ本文’に記述すればよいと思います。
print()箇所のインデントに合わせる事を忘れずに。インデントがずれるとエラーになります。

LINEに通知させるのはこれだけです。上手く動作すると、下記の様に実行結果の通知が来ます。

これは、最近購入させていただいたMANAさんのボットにLINE通知を組み込んだものです。ただ、通知全部にLINE指定すると、1分毎に通知が来てしまうのでエントリーと利確の箇所のみがお勧めです。

番外編 LINEスタンプも送る

ボットのテキスト通知だけだとちょっと機械的で寂しいという人にはおススメ。これも簡単に実装可能ですが、ワタシのプログラム能力が低い為実装の書き方がちょっと長めです。適宜最適化してみてください。
なお、使えるスタンプはLINE公式となります。こちら(https://devdocs.line.me/files/sticker_list.pdf)から、stickerPackageIdとstickerIdを組み合わせて指定します。
詳細は公式へ:https://notify-bot.line.me/doc/ja/

import requests

line_notify_token = "トークンを記載"
line_notify_api = "https://notify-api.line.me/api/notify"

#定義
def LineNotify(mode):
    if (mode == "text"):
        payload = {"message":message}
    elif (mode == "stamp"):
        payload = {"message":message, "stickerPackageId": stickerPackageId, "stickerId": stickerId}
    headers = {"Authorization":"Bearer " + line_notify_token}
    requests.post(line_notify_api, data = payload, headers = headers)

#出力させる箇所に記述(テキスト)
message = "テキストだけのメッセージです。"
LineNotify("text")

#出力させる箇所に記述(テキストとスタンプ)
message = "テキストとスタンプのメッセージです。"
stickerPackageId = "1"
stickerId = "10"
LineNotify("stamp")

これで実行すると下のような感じになります。利確の時や損切の時など、出力結果に応じてスタンプを変えると、まるでボットが生きている感覚になるかもw

最後に

pythonというかプログラム自体が初なので、今はまだまだ意味不明で勉強中。でもみんなのボットソースを見ながら一語一語調べてるとなんとなく見えてくるのが不思議ですね、書けないけど!
ワタシはwebデザイナー歴が長いのでこの勉強でcssやhtmlに進化を付けれれば良いなぁ。特にCSSは進化してるからプログラム知識が今後というかもう必須な感じだし。

 

lifezakk

投稿者の記事一覧

フリーランスのWEBデザイナー。日々WEB制作で気になるHtml CSS Photoshop illustrator や好きなアプリの備忘録をつけてます。カメラはレタッチで使う素材撮りや趣味レベルでやっています。

関連記事

  1. Photoshop CC 導入。バナー作成時に楽する複数アートボ…
  2. はじめての仮想通貨購入、ようやくデビューです。
  3. Pythonの実行結果をGoogleスプレッドシートに出力してみ…
  4. Photoshopの炎フィルターを使って簡単にテキストを炎文字に…
  5. YoutubeやUstreamの埋め込み動画をスマホ向けにレスポ…
  6. 2017/12/25 今日から仮想通貨世界のドアを開けます
  7. マーケティングオートメーションの「Mautic」導入について
  8. ビックリマン風のキラキラシールをPhotoshopで作成してみる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

SNOW.雪が降り、晴れて一夜経った朝、表面が少し凍った感じが1番好き。キラキラするんだよね。そこを踏むと中にはサラサラのパウダーが詰まってる。 – フォトレタッチ

投稿コメントSNOW.雪が降り、晴れて一夜経った朝、表面が少し凍った感じが1番好き。キラキラする…

ALLGREEN. – フォトレタッチ

投稿コメントALLGREEN.rezakk399 Instagram…

factory. – フォトレタッチ

投稿コメントfactory.rezakk399 Instagram…

雪のPhotoshop合成レタッチ。本日2/2にMdnからPhotoshop本を出版いたしました。初めての方でもレタッチが楽しめるよう解説した一冊です。電子書籍では試し読みもできます。プロフィールのリンク先を掲載してますので良かったらご覧ください。 – フォトレタッチ

投稿コメント雪のPhotoshop合成レタッチ。本日2/2にMdnからPhotoshop本を出版…

夕焼けシルエット。 – フォトレタッチ

投稿コメント夕焼けシルエット。rezakk399 Instagram…

人気記事

  1. 四国 日の出。 – フォトレタッチ
  2. DQMJ3の攻略本プレゼントコード「Vジャンプ 2016年 05 月号」
  3. 6/16 ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 モンスターマスター究極秘伝書 発売!プレゼントコード付き
  4. 男性の髪は、女性より難しいな。 – from Instagram
  5. みどり。 – from Instagram

インスタグラム

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP