CSS

CSSグリッドレイアウトについて。flexboxより使いやすいが、問題はいつものアイツだな。

今回はCSSグリッドレイアウトについてです。以前からflexboxと並んで気になっていたこのグリッドレイアウト。2018/4現在のサポートブラウザは、モダンブラウザとIE11,edgeとなりましたね。ただ、IEとedgeについては完全対応ではないので少し手間が必要です。
でも、一応揃ったので勉強がてら組み込んでみます。これが今後基本的なベースとなれば本当楽なんですけどね。

CSSグリッドレイアウト概要

CSSグリッドレイアウトでは、要素を縦・横の2つの線を使って作成していきます。エクセルをイメージすると分かりやすいですね。
各グリッドラインは、水平に分割する「行」(row)と垂直に分割する「列」(column)に分割されます。

行と列に区切られたエリアをグリッドセルと呼ばれます。

2本の行や列で区切られた水平・垂直のエリアをグリッドトラック呼びます。

4つのグリッドラインで区切られたエリアをグリッドエリアと呼ぶ。

各グリッドトラックの空白スペースをグリッドギャップと呼ぶ。

グリッドの定義

親要素(#container)にdisplay:gridを指定します。
縦(列)を区切るには、grid-template-columsプロパティを利用する。
grid-template-colums:200px 1fr 200px;
「fr」というのは利用可能な残り分です。指定を1fr 1fr 1fr とすれば均等3分割された幅となりますし、2fr 1fr 1frとすれば、幅は全体の2:1:1の割合となります。

次に横(行)を区切ります。横の線は、grid-template-rowsプロパティです。
grid-template-rows:100px 1fr 100px;

アイテムを配置

先程定義したgridにアイテムを配置していきます。
配置には、grid-columnとgrid-rowで座標を指定する感じですね。縦と横は、それぞれ左上が基準で1となります。

ただこれでは、後々管理が大変になることもあります。そこで視覚的に分かりやすくするために、親要素にgrid-template-areasを指定し各アイテムに名前を定義します。またスマホ対応のレスポンシブにするときにも便利になります。

こうすると、レスポンシブさせるときにgrid-template-areasを変更するだけで対応できます。
あと、それぞの位置を変更するのも容易です。例えば、leftCntをmidcntの下に移動させたい場合は、名前を入れ替えるだけです。カンタンですね。

画面プレビュー

ここまででプレビューしてみます。(見やすくするためにheight=”100vh”を追加しています)
キレイにグリッドが表示されましたね。レスポンシブ対応しているので、画面幅を狭くしていけば767px以下で縦1列に並ぶことも確認できます。


それでは、ここまでで作成したHTMLとCSSを掲載。CSSについては、後述するIE11対策も追記しております。

Html

CSS

ブラウザのサポート状況

さて、ここまで簡単に実装でき、CSSもHTMLも軽量化できましたが、ここでブラウザのサポート状況についてです。
モダンブラウザでは実装されていますが問題は、IEのサポート状況にあります。主にIE11でのサポートが不完全という事。さすがに実用させるにはこの問題をクリアしないといけません。
まず、このままではIE11では表示できていないので、恒例のベンダープレフィックス(-ms-)を付けるという事
ただこの作業は、面倒です。そこで、AutoPrefixerというツールを使用すると自動で付与させることができます。
AutoPrefixer導入については、小難しいのでググってください。ワタシが書くより遥かに良い記事がたくさんあります。

ワタシで紹介するのは、ブラウザで変換できるこのサイト(https://autoprefixer.github.io/)です。
こちらにアクセスし、CSSをペーストするだけで、ベンダープレフィックス付きのCSSが生成されます。以下がコピペで生成されたIE11対応のコードです。

IEのベンダープレフィックスは、プロパティ名が違うこともあり、これを手動で付けることは容易ではないのでこういうツールやサービスを活用して楽をしましょう。
これで、モダンブラウザ+IE11+edgeで表示することが可能となりますね。

最後に

サポートブラウザは現在モダンブラウザ+IE11+edge。IE10以下は真っ白になります。ここをサポートするサービスではまだまだ実用化は難しいです。でも将来このグリッドシステムが基本となる気もしますね。いまのうちに触って勉強しておくことが良いと思います。
ちなみにワタシはこれで、企業用の管理画面とか作りましたね。この場合、使用ブラウザは指定でき、アクセスも社内のみになるのでメンテも容易だったからです。不特定多数のサイトでは厳しいかな。

 

lifezakk

lifezakk

投稿者の記事一覧

フリーランスのWEBデザイナー。日々WEB制作で気になるHtml CSS Photoshop illustrator アプリの備忘録をつけてます。#OVERHIT や #ホウチ帝国 にハマってます★

関連記事

  1. 0から作る光と影。箱の継ぎ目や奥行きにに影を落とし、ランプの上か…
  2. テーブルの見出しを固定できるjsがとても便利。
  3. 合成する時のトーン調整レタッチ
  4. LINEで郵便局の荷物追跡や再配達ができる!?
  5. YoutubeやUstreamの埋め込み動画をスマホ向けにレスポ…
  6. Googleマイマップでハマった「ズームアウトするとすべてのピン…
  7. ビックリマン風のキラキラシールをPhotoshopで作成してみる…
  8. 簡単に美しいマーブル模様をPhotoshop CCで作成する方法…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カメラを持って瞬間を狙ったPhoto retouch。

投稿コメントカメラを持って瞬間を狙った。lifezakk Instagram…

背景のぼかし系レタッチ – from Instagram

投稿コメント背景のぼかし系レタッチlifezakk Instagram…

光のぼかしレタッチ。

投稿コメント光のぼかしレタッチ。lifezakk Instagramぼかしレンズ…

合成する時のトーン調整レタッチ

投稿コメント合成する時のトーン調整レタッチlifezakk Instagram背景と…

Pixar風レタッチ。 – from Instagram

投稿コメントPixar風レタッチ。lifezakk Instagram…

人気記事

  1. 城ドラ ランダムデッキ選出ボーダーラインについて
  2. 城ドラ 10/14に追加された新機能・調整など まとめ
  3. 2月はビットフライヤーFXにデビュー。知識ゼロですが、ボットにも初挑戦。
  4. ホウチ帝国 攻略 7/13-19のイベントについて まとめ
  5. 黒騎士と白の魔王 遂に本日リリース(2017/04/26)

インスタグラム

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP