Photoshop

Photoshopの炎フィルターを使って簡単にテキストを炎文字にしてみる。

炎文字は、結構頻繁に使います。例えば、イベントやキャンペーンのポスターやバナー、アプリゲームでも使ったりしますね。
今回は、炎文字で「炎」を作ってみます。こういうのはリアルな迫力とちょっと手間を入れるとクライアントは喜びます。

作業時間は大体10分もあれば出来ます、今回は600×400pxで作っていきます。それでは順を追って書いていきます。

1 文字ツールでテキストを書く

今回は「炎」の文字なので、文字ツールで「炎」を書きます。フォントはなんでも良いです、ここではヒラギノ明朝を利用します。
レイヤー効果より、ベベルとエンボスで立体感をカラーで質感を与えます。

2 テキストから作業用パスを作成

テキストは、そのままでは炎フィルターが利用できません。そこで、テキストレイヤーを右クリックして「作業用パスを作成」を選択します。

3 新規レイヤーを作り、炎フィルターを適用する

次に新規レイヤーを作成。作業用パスを選択した状態で、この新規レイヤーに炎文字を描きます。
上部メニューより「フィルター > 描画 > 炎」を選択します。
※作業用パスが3000ピクセルより長い場合はアラートが出ますが、これは確認プレビュー上の事なのでOKを選択します。たぶんプレビュー上では文字の一部しかプレビューできません。

炎フィルターの設定画面が出てきます。
ここでは、炎の種類を「2.複数の炎(パスに沿う)」とし、長さと幅の値をちょうど良い数値にします。今は、長さ「78」幅「33」間隔「10」ぐらいにしOKで適用します。
ちょっと文字が複雑なのでフィルターの適用に時間がかかるかもしれません。

4 炎のレイヤーにレイヤー効果を与え調整する。

次に出来上がった炎のレイヤーにグラデーション効果を与えてもう少しリアルにさせます。
レイヤー効果からグラデーションを選択。
描画モードをソフトライト。グラデーションは任意ですが、ここでは白から黒にしています。スタイルを円形にしています。
そうすると、さっきより自然な感じになりましたね。このまま利用しても良いですね。

5 文字の認識を強くしさらに調整

先程作った炎レイヤーをコピーしてテキストレイヤーの上に配置します。
次にテキストレイヤーの上に配置した炎のレイヤーを消しゴムツールで良い感じに部分部分を消していきます。ここもソフトライトにします。

この時消しゴムのブラシはボケた円ブラシを使うと良いです。これで、一番下に炎レイヤー、真ん中にテキストレイヤー、一番上に部分を消し込んだ炎レイヤーとなります。

こうすると、文字の認識がはっきりしつつ炎の雰囲気がより高まります。

最後に一番下に新規レイヤーを作りもう一回炎フィルターを使って炎レイヤーを作成します。これは文字を認識しない大雑把な感じでOKです。種類はハードライトにしておきます。

さあこれで炎文字の完成です。あとは、背景を雰囲気に合う適当なものを設置すればイメージが着きますね。

最後に

今回は炎でしたが、色を青にして鋭い感じにすれば「覚醒」みたいなイメージが作れ、緑にしてぼかした感じにすれば「癒し」みたいなのも作れます。結構かんたんにできる割に手を込んだ仕上がりになるので、いろんなパターンを作成し覚えておくと役に立ちます。なお、あまり大きなキャンパスにするとレンダリングに時間がかかりPhotoshopがフリーズするので注意が必要です。
冬が近づくと頻繁にこういうデザインを求められるので、サクッと作って楽をしましょう。

番外編

ネコが波動を撃つシーン。これも炎フィルターで簡単に作れます。使う機会はあまりないですが。ただよく見るとネコが波動を受けてるようにも見えちゃうなぁ、この辺の感じを出すのは難しい。

 

lifezakk

lifezakk

投稿者の記事一覧

フリーランスのWEBデザイナー。日々WEB制作で気になるHtml CSS Photoshop illustrator アプリの備忘録をつけてます。#OVERHIT や #ホウチ帝国 にハマってます★

関連記事

  1. table装飾時に持っておきたいベーステンプレートとなるCSS
  2. 夕焼けに木を配置するレタッチ。 – from Ins…
  3. YoutubeやUstreamの埋め込み動画をスマホ向けにレスポ…
  4. Pythonで作成したボットの実行結果をLINEに通知させる備忘…
  5. ネコの切抜き。毛並み感を重視したレタッチです。 – …
  6. Photoshopでスポーツ系のレタッチ。
  7. マーケティングオートメーションの「Mautic」導入について
  8. 企業WEB担当者向け。ホームページにエクセルの表組みを綺麗に掲載…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

濃い色系のセーターを難度が高い白色にレタッチ。青や赤などは色調補正とトーンカーブで簡単に色変更が出来るけど、ダーク系をキレイな白色にするのはひと手間かかるし調整がなかなか難しいねChange the dark sweater to a more difficult white.Also red and blue. – from Instagram

投稿コメント濃い色系のセーターを難度が高い白色にレタッチ。青や赤などは色調補正とトーンカーブで簡…

写真合成のレタッチ。 – from Instagram

投稿コメント写真合成のレタッチ。lifezakk Instagram…

光エフェクトのレタッチ。光エフェクトは、明るさの最大値とフィールドぼかしの効果の2種類を使ってます。調整には、トーンカーブの明暗を多用。 – from Instagram

投稿コメント光エフェクトのレタッチ。光エフェクトは、明るさの最大値とフィールドぼかしの効果の2種…

GoProMAX等で撮影した360度写真をPhotoshopで簡単に編集する方法。

先日発売されたGoProMAX。360度の写真や動画が撮影できるアクションカメラですね。今回は、…

GoProMaxからのキャプチャをPhotoshopでレタッチ。 – from Instagram

投稿コメントGoProMaxからのキャプチャをPhotoshopでレタッチ。lifeza…

人気記事

  1. 昼から夜のレタッチ。光の調整は、トーンカーブの明暗を分けてマスクしていく。夜は1枚目、昼(元画像)は2枚目。 – from Instagram
  2. OVERHIT(オーバーヒット) 第1回ギルド対抗戦 開幕!
  3. 黒騎士と白の魔王 ギルドバトルの基本とルールについてまとめ
  4. 城ドラ 新キャラ「サタン」敵を引き寄せるスキルと性能についてまとめ。
  5. 写真合成のレタッチ。 – from Instagram

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP